桑名★ラーメン

【一鶴(いっかく)】桑名の本格博多とんこつラーメン[移店のため閉店]

一鶴アイキャッチ

2016年にオープンした本格博多豚骨ラーメンが味わえる一鶴(いっかく)

博多ラーメンに必須の高菜や紅ショウガをはじめ、替え玉などオーソドックスなオプションを備えた、基本に忠実な博多ラーメンの一鶴をご紹介します。

一鶴は2018年の夏に”移店のため“この記事の場所での営業を終えています。移転後の営業場所は確認が取れ次第更新します。

一鶴はこんなお店

もともと一鶴の建物は、焼肉屋さんでした。

そのため、駐車場も13台あり車が停めれない心配はないと思います。

 

焼肉屋さん時代の建物をそのまま使っているためしっかりとした店構えとなっています。

 

一鶴外観

 

外観からはチェーン店にありがちな大衆感は感じられません。

 

チェーン店となっており、名古屋市港区と豊橋市に店舗があるようです。

 

僕がお邪魔したのはランチタイム終了間近の1時半だったので、ほとんどお客さんはいませんでした。

立地としては、近くに人気パチンコ屋のキング観光本店があります。

 

一鶴キング観光

 

パチンコをしているお客さんが、お昼を食べにきたり、家に帰る前に一杯呑んでラーメンを食べるのにちょうどいいお店ですね。

 

少し前までは同じとんこつラーメンの一竜が近くにあったので競合店でしたが、今は桑名で本格的な博多とんこつラーメンが食べれるのは、このお店だけでしょう。

一鶴の店内

元焼肉屋さんの建物を使ってるだけあって、店内は広々としています。

 

テーブルが9つほどあり、カウンターもあります。

席数は40席ほど。

 

店の作りが変わっていて、お店の中央に厨房がドーンと構えられていて、その周囲を囲むように客席があります。

 

一鶴店内

 

テーブル席が多く、一つ一つのテーブルの空間も広めなので、お子様連れでも安心です。

 

一鶴店内2

 

ラーメン屋ってカウンターで黙々と食べる印象もありますが、一鶴のように家族づれが入りやすいお店も増えてきましたよね。

一鶴のメニュー

一鶴のメニューは、もちろんラーメンがメイン。

ラーメン自体は1種類のみで、博多とんこつラーメンにかける意気込みが伝わってきます。

 

まずは単品かセットかを選びます。

  • ラーメン 680円
  • 半チャンセット(チャーハン付き) 850円
  • 唐揚げセット(唐揚げ2個、ごはん付き) 950円

そのあと、ラーメンの固さを選びます。

  • ハリガネ
  • ばりかた
  • かた
  • ふつう
  • やわ

最後トッピングの中から、好きなものを選びます。

  • 味玉 100円
  • メンマ 50円
  • キクラゲ増量 50円
  • チャーシュー 200円
  • コーン100円
  • ネギ増量 50円
  • 生にんにく 30円
  • 全部のせ(にんにく抜き) 500円

ドリンクのメニューも一通り揃っています。

  • 生ビール 500円
  • 瓶ビール(中) 500円
  • ノンアルコールビール 400円
  • 黒ウーロン 250円
  • 瓶コーラ 150円

など。

 

今回は、唐揚げセットにチャーシューをトッピングしました。

麺の固さはばりかた。

 

替え玉も注文できて、100円です。

これが渾身の博多とんこつラーメン!

こちらが一鶴の博多とんこつラーメンです!

 

一鶴とんこつラーメン

 

豚骨スープが香るオーソドックスなとんこつラーメン。

ネギとキクラゲが乗っていて、チャーシューはトッピングで頼んだため5枚乗っています。

 

そして、唐揚げとご飯。

 

一鶴ご飯とから揚げ
か、唐揚げがでかい!

画像からは伝わりづらいかもしれませんが、子どものこぶしほどの大きさがあるから揚げです。

 

麺はもちろん細麺。

 

一鶴とんこつラーメン

 

豪快に麺をすすると、とんこつの濃厚な味が口の中に広がります。

 

そしてばりかたの麺は、しっかりと噛みごたえがあってうまい。

 

スープは若干甘め。

 

一鶴ラーメンスープ

 

ものすごく濃厚っていうほどではないですが、しっかりととんこつの味が詰まっています。

 

唐揚げは、少しだけ甘辛いタレがかかっていて、かなり食べ応えあり。

ビール
ビール
唐揚げは食べ応え抜群だよ!

卓上無料トッピングは3種類

卓上にある無料トッピングは3種類。

  • 高菜
  • 紅生姜
  • ピリ辛もやし

 

一鶴紅生姜と高菜

 

それに加えて、ゴマとラーメンだれも完備。

替え玉を頼んだりして、スープの味が薄くなってきたら、ラーメンだれを使います。

 

一鶴ごまとラーメンだれ

 

博多とんこつラーメンの王道の食べ方として、高菜と紅生姜を乗せてみました。

 

一鶴ラーメントッピング

 

高菜はお店によっては辛い場合もありますが、一鶴の高菜は全く辛くありません。

個人的には、高菜は辛くなくてもいいので、この点好印象。

替え玉は薬味が乗っていないので注意

替え玉も注文してみましたが、ここで注意。

 

お店によっては替え玉に薬味をつけてくれるところもありますが、一鶴の替え玉は麺のみです。

 

一鶴替え玉

 

替え玉を頼む時は、スープを残すのはもちろん、ネギとキクラゲも残しておいた方がいいです。

 

替え玉を頼んだ後にも、たっぷりと高菜・紅生姜を加えて、最後まで美味しくいただくことができました。

一鶴のおすすめポイント

  • 基本に忠実な超オーソドックスな博多とんこつラーメン
  • お店が広く圧迫感がない
  • 唐揚げは食べ応えあり

一鶴のアクセス・営業時間など

店名 一鶴(いっかく)
住所 三重県桑名市大福384-1
TEL 0594-41-5551
営業時間 11:30~14:00
18:00~24:00
定休日 不定休
駐車場 あり
その他 ランチタイム禁煙、ディナータイムは喫煙可
”三重県桑名市大福384-1”

まとめ

桑名にある一鶴は、超オーソドックスな博多とんこつラーメンのお店

基本を忠実に守り、細麺・とんこつ・高菜、紅生姜でいただくラーメンは、誰にでも愛されるおいしい味です。

 

店内の空間は広々としているため、家族連れもOK。

 

また、近くのパチンコ屋さんキング観光桑名店で遊んだ後に、ビールを飲みながら〆にラーメンなんていう使い方もできるお店です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です