節約・暮らし

【桑名市学童保育所】夏休みに子どもを預けて仕事へ 2018年

桑名市から、2018年の学童保育所の開設の案内が発表されました。

応募期間は5月21日(月)から6月5日(火)までと短いですので注意してください。

夏休みも一生懸命働くお母さんの強い味方になると思います。

学童保育所の利用期間と利用時間

学童保育所の利用期間は、7月23日から8月31日までです。

ただし、土日祝とお盆期間(8月13日から16日)は除く。

 

夏休み期間の平日のほとんどの日で利用可能です。

利用時間は午前8時から午後6時まで。

利用時間内にお子さんの送迎をする必要があります。

 

利用予定日は、申し込みをするときにあらかじめ申請する必要があるので、利用を考えている方は仕事のシフトや予定を確認しておくといいと思います。

また、利用可能なのは桑名市在住の方のみとのこと。

学童保育所の開催場所と募集人数

  • 桑名市メディアライヴ 約50人
  • 桑名市福祉センター(額田) 約40人
  • 大成学童保育所 約15人

定員オーバーの場合は抽選となるとのことです。

持ち物と費用について

持ち物は、昼食、飲み物、学習の用意、着替えなどとなっています。

親が昼食を用意しなければいけないことに注意。

 

また、利用費用は18000円、2人目以降は16000円とのこと。

一人親の場合は減額があるので、シングルで育てて働いていらっしゃる方を支援しようという市の意向が感じられます。

市が運営する学童の口コミ

桑名市が運営する夏休みの学童保育所は、2017年も開催されていたようです。

ただ、去年の学童の口コミは、ネットを探しても見当たりませんでした。

 

いい評判がないとも取れますが、僕は悪い評判が立っていないというところに価値があると思います。

待機児童の問題

最近は待機児童の問題が深刻です。

 

名古屋市では市立小学校の部活動を2021年度から廃止することになっており、働く親の向かい風となってきています。

 

働きたいけど、子どもが心配。

 

けれど会社を早く上がることもできない。

 

そんなジレンマの声も聞こえています。

 

桑名市も、いつどうなるか分かりません。

夏休みに預ける場所がないと嘆いているママさんの強い味方になってくれることを期待しています。

 

⇒要チェック!「桑名市夏季学童保育所案内のページ

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です