桑名★カフェ

むぎカフェ│桑名もち小麦パンケーキが超もっちもち!ほっこり古民家カフェ

麦カフェアイキャッチ

桑名で落ち着けるカフェに行きたい。

でも、コメダなんかのチェーン店の喫茶店には行き飽きたし、どこかのんびりお茶できる店はないかなぁ。

そんな方に打ってつけなのが、今回ご紹介するMuGi Cafe(むぎカフェ)です。

 

桑名の大イベント、石取祭桑名水郷花火大会三八市なんかで遊び疲れたときに、ふらっと立ち寄ってほっこりすることができる、のんびり空間です。

桑名のもち小麦で作られた、もっちもちのパンケーキは絶品

 

むぎカフェはこんなお店

むぎカフェは昭和初期の古い家屋をリノベーションした、古民家カフェです。

 

場所は、寺町商店街からすぐのところにあり、らぁめん登里勝(とりかつ)さんのすぐ近く、老舗お茶屋さんの茶茂の隣にあります。

⇒参考記事:「【登里勝】寿司職人から転身。桑名が誇る和ラーメン!

 

むぎカフェの建物は、大通りからは見づらいので、茶茂を目指していくと見つけやすいです。

 

むぎカフェ茶茂

 

茶茂のすぐ隣にむぎカフェがあります。

 

むぎカフェ外観

 

外観は白を基調とした建物に、青枠のガラス張りの入り口でおしゃれ。

外から店内をうかがうことができないので、どんなお店なのか少しわかりにくいかもしれません。

 

また、公式Facebookにもあるように、近くを通りかかっても看板やお店の「MuGi cafe」の文字を見逃して通り過ぎてしまう人もいるのだとか。

 

今回は店内外の様子ができるだけ分かるように、画像を多めにご紹介しますので、雰囲気を感じてみてください。

 

駐車場の場所に注意!

むぎカフェには駐車場が二つあります。

 

どちらの駐車場も歩いて5分くらいかかり、場所が結構分かりづらいです。

駐車場にたどり着いても、今度はむぎカフェを見つけるのも一苦労かも。

 

駐車場の位置が書かれた画像を載せておきますので、駐車場を探すときは下の画像を開いたままにしておいてください!

 

むぎカフェ駐車場までの地図

 

(こちらの駐車場までの地図は、お店の扉前に置いてあります)

1.まず、むぎカフェのお店の前に行く。

2.駐車場を探す。

3.歩いてむぎカフェまで戻る。

の順番で駐車場に車を停めてお店に行くといいかなと思います。

 

駐車場近辺の道路はかなり複雑なので、ダイレクトに駐車場に行こうとすると迷います。

※ちなみに僕は駐車場の住所をナビに入れてもたどり着けませんでした。

 

P1の方は、画像の地図の通り進んで、西福寺というお寺を見つけることができれば、その横にあります。

少し遠くなりますが、初見でたどり着きやすいのはP2の方だと思いますので、不安な方はP2を目指すのをおすすめします。

ビール
ビール
駐車場がどうしても分からなかったらお店の人に聞いてね!

むぎカフェの店内

むぎカフェの入り口を入ると土間があり、左手に米粉、強力粉、てんさい糖などなど、むぎカフェおすすめの品物が並んでいます。

 

むぎカフェ土間

 

むぎカフェ物販

 

お店に入った瞬間から、普通のカフェとは違う空間。

靴を脱いで店内に上がると、そこにはどこか懐かしい畳敷きの古民家が広がります。

 

むぎカフェ店内

 

大きくてゆったりとしたソファ席もあります。

その奥にはカウンター。

 

むぎカフェソファ

 

古い本や、子供向けの絵本やおもちゃなどが置いてあり、ついでにレジもレトロな感じで黄色くてかわいい。

 

むぎカフェおもちゃ本

 

むぎカフェレジ

 

いたるところに、「どこか懐かしい」がちりばめられています。

 

子ども連れの家族も多く、子どもがおもちゃで遊んでいたり、柱にもたれかかって絵本を読んだり、店内はかなり自由。

縁側から広がる中庭もあり、いい意味で田舎のおばあちゃんの家を思い出します。

 

ちなみに、4年ほど前にこちらにお邪魔したときには、中庭で無料の散髪イベントをやっていました。

その時に下の子の髪の毛を切ってもらったのもいい思い出です。

 

むぎカフェのメニュー

むぎカフェのメニューは、ごはんメニュー、おやつメニュー、のみものメニューとあります。

 

【ごはんメニュー】

  • キーマカレー 980円
  • 肉みそのっけごはん 1080円
  • 桑名もち小麦パニーニ 980円
  • じゃーじゃー麺 980円
  • くわなもち小麦うどん 680円

ランチタイムは、ごはんメニューにAセット、Bセット、Cセットを付けることができます。

セット名 値段 内容
Aセット +200円 のみものがつきます
コーヒー・紅茶・りんご・みかん
Bセット +350円 スイーツがつきます
桑名もち小麦パンケーキor桑名もち小麦ワッフル
(どちらもはんぶんサイズ)
Cセット +550円 AセットののみものとBセットのスイーツがつきます

BセットとCセットは平日限定です。

 

【おやつメニュー】

()の中ははんぶんサイズの値段です。

  • 桑名もち小麦パンケーキ 750円(450円)
  • 桑名もち小麦ワッフル 750円(450円)
  • むぎの手作りケーキ 550円
  • むぎのつめたいおやつ(内容は日替わり) 450円
  • バニラあいすくりーむ(内容は日替わり) 450円
  • 抹茶パンケーキ 800円(500円)
  • トッピングあいす 150円

 

【のみものメニュー】

  • コーヒー 450円
  • むぎコーヒー 500円
  • ロイヤルミルクティー 550円
  • ほうじチャイ 550円
  • 抹茶ラテ 550円
  • 黒糖ミルク 550円
  • ビール 600円
  • 桑名もち小麦ビール(おつまみ付) 900円

などです。

 

超もっちもち!桑名もち小麦パンケーキ!

メニューにも書いてあるように、むぎカフェの看板メニューの桑名もち小麦パンケーキを頼みました。

今回ははんぶんサイズ(パンケーキ1枚)だったのでお皿で出てきましたが、ふつうサイズを頼むと鉄板に乗って出てくるそうです。

 

むぎカフェもち小麦パンケーキ

 

高さのあるパンケーキの上に、生クリームがかかっていて、その上にブドウ、ミカン、キウイが乗っています。

今まで何度かむぎカフェにお邪魔していますが、一度も食べたことのなかった桑名もち小麦パンケーキ。

正直、そこまで期待してはいなかったのですが・・・

もっちもちでおいしい!!

断面を見ていただくと分かりますが、パンケーキ自体が厚めで、ふわふわではなく、もちもち。

 

むぎカフェもち小麦パンケーキ

 

弾力がかなりあります。

それに加えて、小麦のおいしい香り。

さらに、生クリームが甘くなく、生クリームと一緒にかかっているはちみつの優しい甘さで、噛めば噛むほど幸せな気持ちになります。

 

パンケーキにはシロップなどを何もかけない派の上の娘も、この味を絶賛。

はんぶんサイズではなく、ふつうサイズを頼めばよかったと後悔していました。

ビール
ビール
もち小麦パンケーキは一度食べてみる価値あり!

ドリンクは総じて甘くなく落ち着く味

ドリンクには、ロイヤルミルクティー、抹茶ラテ、むぎコーヒーを注文。

ロイヤルミルクティーと抹茶ラテは、上に生クリームがたっぷりかかっていますが、まったく甘くありません。

 

むぎカフェロイヤルミルクティー

 

むぎカフェ抹茶ラテ

 

ベースのドリンクに生クリームのコクがプラスされて、深い味わいとなっています。

ちなみに、抹茶ラテの抹茶には、おとなりのお茶屋の「茶茂」さんの高級抹茶を使用しているとのこと。

 

カップも古民家っぽく、雰囲気ばっちりです。

 

むぎコーヒーは、メニューに「桑名もち小麦をコーヒー仕立てに」と書いてあります。

ポットとカップで提供されました。

 

むぎカフェむぎコーヒー

 

むぎカフェむぎコーヒー

 

どんな味なんだろうとワクワクしながら口にしてみると、柔らかい味のホット麦茶

コーヒーの味をイメージして口に入れたので最初はびっくりしましたが、とってもやさしい味で心があったまります。

和菓子のような甘めのスイーツに合いそうです。

 

本物のコーヒーが飲みたい方は、メニューに「コーヒー」がありますので、そちらを注文してくださいね。

 

また、今回どうしても注文したかったのが、桑名もち小麦ビール。

桑名もち小麦で作ったクラフトビール(ホワイトエール)とのことで、まさに桑名の地ビールとなります。

桑名市民としては、これは味わうしかない!

しかし残念ながらお邪魔した日はありませんでした。

 

製造元の関係で、よく切らしているとのことでしたので、もし注文出来たらラッキー。

ぜひ桑名の味を楽しんでみてください!

 

古民家を生かしたイベントスペース

むぎカフェは、その古民家スペースを生かしたイベントを頻繁に開催しています。

 

例えば2018年の5月は、むぎの部活動というワークショップを、金曜・土曜の夜に開催。

おえかき部、ひんめり部、えいが部、どくしょ部、みずひき部と、その種類は多彩です。

それぞれの部活動でどんな内容の活動をしているかは、むぎカフェのFacebookページをご覧ください。

⇒要チェック!「MuGi cafe(むぎカフェ) Facebookホームページ

 

また、面白いなと思ったイベントの一つが、5/13(日)に開催されていた恋活。

独身の男性・女性12人ずつがむぎカフェのスペースに集まって、ランチ&夜カフェメニューからビュッフェ形式でご飯をいただきながら出会いを楽しむという企画です。

お洒落なカフェで知らない異性と出会っても会話がぎこちなくなりそうなものですが、むぎカフェだと話が弾みやすいと思うんですよね。

むぎカフェのリラックスできる空間を利用した、とてもいいイベントだと思います。

 

次回は2018年の7月開催とのことなので、興味がある方はむぎカフェに問い合わせてみてくださいね。

男性5500円、女性2500円とのことです。

 

2018年の石取祭の日はむぎカフェでお化け屋敷を開催!

お店の方にうかがったところ、2018年の石取祭の日(8月4日と5日)も、昨年同様お化け屋敷を開催するそうです。

去年も大盛況だったようで、子どもから大人まで、みんな大満足だったとのこと。

 

石取祭はかなりの人手となりますので、むぎカフェや周辺のお店を利用して、休憩スペースを上手に確保しながら楽しむのがベターです!

 

むぎカフェ石取祭

 

むぎカフェのおすすめポイント

  • 「どこか懐かしい」が散りばめられた空間
  • 超もっちもち!桑名もち小麦パンケーキ
  • 定期開催のほっこりイベント

むぎカフェのアクセス・営業時間など

店名 MuGi cafe(むぎカフェ)
住所 三重県桑名市京町42
TEL 070-5335-9871
営業時間 11:00~17:00
金曜・土曜は22:00まで営業
定休日 火曜日
駐車場 あり(お店から歩いて5分)
その他 カード不可
”三重県桑名市京町42”

まとめ

むぎカフェは、お店に入った瞬間、タイムスリップしておばあちゃんの家に飛び込んだかのような懐かしさを覚えます。

 

甘さ控えめのドリンクに、もちもちの桑名もち麦パンケーキ。

むぎカフェが持つ空気感を壊すことない、ごはんメニュー。

 

石取祭や桑名水郷花火大会で疲れたら、むぎカフェでほっこり安らぐ時間を過ごしてください!

⇒要チェック!「むぎカフェ公式HP

ABOUT ME
まさ
まさ
こんにちは! パグレポの記事を書いているまさです! 桑名のおいしい・楽しいがひとつでもあなたに伝わればうれしいです。 スマホの方は、右下の+メニューボタンを押して、「気になるお店の名前」を検索してみてくださいね。 取材してみてほしいお店があれば、お問い合わせからリクエストをお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です