ココイチ

ココイチのスパイスカレーTHEチキベジをおすすめしたい3つの理由

スパイスカレーチキベジ

2019年6月から9月末までの期間限定カレーとして、ココイチからスパイスカレーTHEチキベジが発売されています。

けっこうなペースでココイチに通っているわけですが、他のココイチのカレーと比較してスパイスカレーTHEチキベジをおすすめしたい3つのポイントがこちら。

 

  1. 量が少なくカロリーが低い
  2. 香りが華やかでくどさがない
  3. スクランブルエッグでカレーソースオムライス風に

 

特にココイチ慣れしていない女性の方におすすめ。

 

スパイスカレーTHEチキベジは、2018年も8月末までの期間限定メニューとして発売されていました。

その時の僕の感想は、「賛否両論ありそうな味だな」という中途半端なもの。

他のココイチのカレーとは大きく異なる香りと味のルーを使っていて、従来からのココイチファンにとっては毛嫌いされる可能性もあるなと思ったんですよね。

 

でも、ココイチのスパイスカレーと名の付く期間限定メニューを食べ続けてきて思ったのは、「これ、女性ウケいいんじゃない?」という1年前とは違った印象でした。

 

比較のために下の方に2018年の記事をそのまま残しながら、書いてみたいと思います。

 

スパイスカレーTHEチキベジの基本データ

まずはお決まりの、スパイスカレーTHEチキベジの基本データから。

 

ライスは250gが基本の量です。

通常のココイチのカレーのライスは300gですから、250gというのは少なめ。

大盛り350g、小盛り150gが選べます。

最近のスパイスカレーシリーズは、基本のライスの量は250gですね。

 

 

辛さは自由に選べます。

 

そして特筆すべきは、そのカロリー。

な、なんと690kcal

 

別に驚くような数字じゃないと思うかもしれませんが、2018年に発売されていた時のカロリーは761kcal。

 

・・・し、絞ってきてやがる。

 

これの意味するところは、すなわち1年前のスパイスカレーTHEチキベジから変化しているということ。

メニューにも「にんにくとトマトの旨みが効いたスパイスカレー」とあります。

ココイチの開発担当者の方の努力が脳裏に浮かんできますね。

 

ちなみに通常のポークカレーは755kcalなので、スパイスカレーTHEチキベジの方が低カロリーなんです。

ココイチの中でもトップクラスのヘルシーさ。

というか、ポークカレーが755kcalなので、低糖質シリーズのカリフラワーご飯を除けば一番低カロリー。

 

値段は、ライス・辛さ普通、トッピングなしで税込み952円

実は2018年発売時は税込み890円。

ちょっとだけ高くなっていました。ちょっとだけね。

でも、ココイチは値段を気にしたらだめだと日々言い聞かせているので、気にしません。

カロリーは通常のポークカレーより低く、ライスの量が250gと少なめ。

2019年のスパイスカレーTHEチキベジはこちら!

今回は、前回のスパイスカレーTHEローストチキンの時におすすめした、スクランブルエッグをトッピングしました。

スパイスカレーローストチキン
スパイスカレーローストチキン|鮮やかな辛さと芳醇な香りが特徴の新世代ココイチカレー2019年の3月から期間限定で発売されている、スパイスカレーTHEローストチキンを食べてきましたので、その感想をご紹介します。とにかく芳醇な香りと鮮烈な辛さがインパクトのある、従来のココイチとは一線を画す新世代カレー。一度食べてみてください。...

 

スパイスカレーTHEチキベジのスクランブルエッグトッピング、3辛、ライス普通がこちらです!

スパイスカレーチキベジ

 

相変わらずスパイスカレーはルーがゆるめなので、店員さんが運んでくる時にお皿の淵の方にルーが広がってしまいました。

ちょっと写真写り悪いですね、ごめんなさい。

 

カレーの茶色に、スクランブルエッグの黄色とピンクのらっきょうが映えています。

加えて、野菜の緑とトマトの赤と、彩りは非常に豊かですね。

 

印象的なのは、席に運ばれてきた瞬間から鼻に入ってくるスパイシーな香り。

スパイスには、パセリ・クミン・カルダモン・唐辛子・胡椒・花椒・オレガノと入っていて、それらがとても刺激的な香りとなって迫ってきます。

ものすごく食欲をそそられます。

この感覚は、普通のココイチのカレーではあまり感じたことがありません。

 

ココイチチキベジ

 

スクランブルエッグはいい具合のレアさなのでトロトロ。

 

オクラとトマトと一緒に口に運んでみると、まずはじめにピリッとくる辛さが広がります。

その後にトマトのさわやかさがカレーのくどさを連れ去ってくれるイメージ。

一口食べ終わった後に残るのは、ほんの少しの辛さ。

 

うん、確実においしくなって帰ってきてる。

通常のココイチを庶民のカレーとするなら、スパイスカレーチキベジはエレガントで上品な味。

 

ココイチのカレーって独特の味わいでくどいと感じる方もいらっしゃると思いますが、スパイスカレーTHEチキベジはそれを感じさせずどんどんスプーンがすすみます。

途中、ピンク色のらっきょうを食べればほどよい酸味と甘さで口の中がリセットされて、こちらも大活躍。

 

トマトは、刻んでルーに混ぜ込んだものと食感の残るミニトマトが入っていて、おもしろい。

トマトの酸味がさわやかさアップに一役買っています。

 

気になる「ニンニク」ですが、ほとんどにおいは感じません。

食べていると、「あ、少しだけニンニクの香りがした」と気づきますが、多分食べた後に人に分かるほどのにおいが残ることはなさそうです。

スパイスとトマトの酸味で、カレーのくどさが消え、さわやかに。

ライスとルーを全部混ぜなくてもOK

メニューには、ライスとルーを食べる前に一気に混ぜる!とありますが、それはしなくてもOK。

なぜならば、ご覧の通り、すでにライスが隠れるくらいにカレーがかかっているから。

 

もともと水気の多いサラッとしたルーなので、十分ライスに染み渡っています。

 

個人的に断然おすすめなのが、今回食べたスクランブルエッグのトッピングです。

 

イメージとしては、カレーソースがたっぷりかかった、トロトロオムライスという感じ。

 

たまごのおかげで辛さも和らぎますし、オムライスをイメージして食べれば最後まできれいにいただくことができます。

色合いも華やかできれいになりますしね。

スクランブルエッグトッピングで見た目鮮やかなカレーソースオムライスに。

 

ということで、2019年6月から9月末までの期間限定メニュー、スパイスカレーTHEチキベジの感想でした。

ビール
ビール
普段ココイチに行かない彼女や奥さんなどにも、十分おすすめできるクオリティだと私は思いますワン。

 

女性におすすめと書きましたが、ココイチのヘビーユーザーの方も気分を変えるのにいい逸品だと思います。

 

トッピングはロースカツなどの揚げ衣がおおい揚げ物よりかは、チキン煮込みで鶏感をアップするとか、ほうれん草や納豆など、混ぜ系のものがおすすめ。

チーズはお好みだと思いますが、いつもチーズをトッピングしている僕は、「スパイスカレーチキベジはチーズいらないな」と思いました。

だって、その方があっさり食べられますから。

 

夏本番に向けて、さっぱりスパイシーなカレーがおいしい季節になってくるので、ぜひココイチで新しいカレーを楽しんでみてくださいね!

ココイチスクランブルエッグトッピング
ココイチ(ココ壱番屋)のおすすめの楽しみ方!【2019年版】誰もが知っているカレー専門店ココイチ。大学の時にココイチにはまり、約20年間ずっとココイチの大ファンです。全世界にチェーン展開しているココイチですが、そのおすすめの楽しみ方を徹底的に解説します!...
ABOUT ME
まさ
まさ
こんにちは! パグレポの記事を書いているまさです! 桑名のおいしい・楽しいがひとつでもあなたに伝わればうれしいです。 スマホの方は、右下の+メニューボタンを押して、「気になるお店の名前」を検索してみてくださいね。 取材してみてほしいお店があれば、お問い合わせからリクエストをお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です